東京都の緊急事態宣言はいつ解除される?5月25日には可能性あり?

5月21日の時点で東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県と北海道が未だ緊急事態宣言の解除がされておらず、その地域に住む人たちは不安な毎日を送っているかと思います。

いつ頃解除になるのかを徹底調査してみました。

緊急事態宣言とは?

令和2年4月7日に政府より「緊急事態宣言」が発令されました。
これは新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策強化のための要請になります。

不要不急な外出の自粛や三密(密閉、密集、密接)を避け、他人に感染させて拡大させないように国民全体で徹底しようということです。

東京都の緊急事態宣言について

令和2年4月7日に政府より新型コロナウイルスの感染拡大防止対策強化のための「緊急事態宣言」が発令され、既に1か月半近くが経とうとしています。

この「緊急事態宣言」の本来の期限は5月6日でしたが、収束の目途が立たずに5月31日まで延長となりました。

但し、5月21日の時点で東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道以外の地域においては感染拡大を防止できるレベルになったとして宣言が解除されています。

東京都ではいまだ宣言が解除されないため、いつになるのか気になる所です。

解除されるのは5月25日が濃厚?

最近の感染者数の収束状況などから令和2年5月25日にも解除されるのではと言われているようです。

感染者数は減少傾向にあるので25日には宣言解除を期待できそうです。

宣言解除に向けて最終調整を行っているため、ほぼ確実なのではないでしょうか?

まとめ

5月21日には大阪、京都、兵庫の近畿3府県の宣言が解除されたにも関わらず、東京近隣エリアと北海道は解除がされませんでした。

緊急事態宣言で休業となっている都内の飲食店などでは宣言が未だ解除されない為、他県を羨む声も多いみたいです。

最近は感染者数も大幅に減少しているので、5月25日には宣言の解除が見込めるのではないでしょうか?

25日の政府に解除の発表がある事を期待しています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA