瀬戸大也と嫁の馬淵優佳の馴れ初めは?

スポンサーリンク

2020年東京オリンピック代表選手に内定した瀬戸大也選手ですが、現在は結婚して子供もいて幸せな家庭を築いているようです。
今回は瀬戸大也と嫁である馬淵優佳の馴れ初めについて徹底的に調査してみました。

瀬戸大也のプロフィール

生年月日:1994年5月24日
出身地:埼玉県入間郡毛呂山町
所属:全日本空輸

小学生の時から水泳の全国大会に出場しており、全ての泳法で全国大会優勝経験を持っています。
埼玉栄高校時代はインターハイに出場し400m個人メドレーの三連覇を達成しました。

その後も、世界水泳選手権やリオオリンピックでの活躍で目が離せない選手です。
ちなみに萩野公介とは幼い頃からのライバルで、幾度も大会で争った仲です。

馬淵優佳のプロフィール

生年月日:1995年2月5日
出身地:中国

3歳から水泳をはじめて6歳から飛び込み競技を始めます。
2009年に日本選手権の3メートル板飛び込みで2位を獲得
2012年にはインターハイの板飛び込みで3連覇を果たします。

2017年に瀬戸選手のサポートすることに専念する為引退を発表しています。
翌年に第一子となる女児を出産しました。
ちなみに1988年に来日して日本国籍を取得されています。

スポンサーリンク

馬淵優佳はめちゃくちゃ美人です。
アスリートでこんなに美人だったら言うことなしですね。

瀬戸大也と嫁の馬淵優佳の馴れ初めは?

美男美女の二人の気になる馴れ初めは何なのでしょうか?
何と二人の馴れ初めは幼い頃に通っていたスイミングクラブだったそうです。

瀬戸大也と馬淵優佳はJSSというスイミングクラブに通っており、大会などで顔を合わせることが多かったそうです。

付き合ったのはもっとあとで2014年の11月からだそう。
瀬戸大也は埼玉で馬淵優佳は関西だったので、しばらくは遠距離恋愛が続いていたようです。

付き合いだした頃から、両親には付き合っている事を打ち明けていたそうです。
そして交際から2年半経った2017年5月24日に入籍して夫婦になっています。

瀬戸大也と馬淵優佳は仲むつまじい夫婦

瀬戸大也はインタビューで以下のような事を語っています。

「結婚指輪を試合でも練習でも外さない」

愛妻ぶりが伝わってきますね。

さらに、挙式でのキスはとても長かったそうで。。。

妻の馬淵優佳は「長すぎてのけぞってしまった・・・」と苦笑していたようです。

何だか見ているだけで幸せになりそうな夫婦ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
二人のラブラブぶりが伝わってくる内容でしたね。
2020年の東京オリンピックに向けて、瀬戸大也の活躍に期待です。
そして夫婦仲良く支えあっていてほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA