Sleepmeister(スリープマイスター)の睡眠効率とは!?睡眠の質を改善する方法とは?

スポンサーリンク

スリープマイスターをのグラフを見てみると睡眠効率というワードがありますね。
今回はこの睡眠効率について調べてみました。

睡眠効率とは?

睡眠効率とはズバリ睡眠のパフォーマンスです!

例えば、睡眠のパフォーマンスが高い人は、ベッドに入るとすぐに寝付く事ができます。
反対に睡眠のパフォーマンスが悪い人はベッドに入ってもなかなか寝付けません

睡眠効率が悪い人はベッドに入っても短時間しか寝れなかったり、浅い眠りの状態である事が多いです。
例え睡眠効率が悪く、眠りが浅い人でも意識を改善する事で睡眠効率を高める事ができます。

睡眠効率を上げる方法

以下は睡眠効率を上げる為の具体的な対策です。

ベッドにパソコンやスマホなどの電子機器は持ち込まない

就寝前にスマホの画面を見ていると、目が冴えてしまい眠れなくなると言われています。
人間は光を浴びると覚醒し、暗くなると眠くなるという睡眠リズムが備わっています。
このリズムにはメラトニンという分泌物質が関わっています。
このメラトニンの分泌量が増える事で眠くなり、分泌量が少ないと眠れなくなってしまうわけです。

スマホの画面を見続けていると、目が冴えてきますよね?
なぜかというとスマホが発しているブルーライトの原因で体が昼間だと錯覚してし、
メラトニンの分泌量が低下してしまうからなんですね。

スマホに限らず、テレビやパソコンのモニターなどの液晶画面全般に言える事ですので、
寝る1時間前にはスマホを触らないなどのルールを決めましょう。

どうしてもベットでスマホをいじりたいという人は
ブルーライトをカットしてくれるスマホアプリもあるので
アプリを使ってブルーライトをカットするという方法もあります。

スポンサーリンク

就寝3時間前には夕食を済ませる

就寝時間には胃の中に何も入っていない状態が理想です。
帰宅から就寝までの時間が短い場合は、消化の良いものを摂取しましょう。

睡眠アプリを使って睡眠の質を上げる

sleepmeister(スリープマイスター)などの睡眠アプリを使って、眠りの浅い時間帯に起きる事でスッキリと目覚める事ができますね!

就寝前のアルコール&カフェイン摂取は避ける

寝酒という言葉もあるくらいですから、睡眠状態に入りやすくなるアルコールですが、実際は睡眠が浅くなりがちです。
平日の遅い時間のお酒は出来れば避けた方が良いですね。
コーヒや紅茶などは覚醒作用を持つカフェインを含んでいる為、入眠や睡眠の妨げとなります。
就寝3時間前には摂取を避けましょう!

適度な運動をする

運動には睡眠を促進する効果があります。
科学的に証明されているわけではありませんが、適度な運動をする事によって
ベッドにはいった時にすぐ眠りにつく事ができます。
また、運動は脳や体にかかるストレスを取り除く効果もある為、体を健康な状態に保つだけでなく
メンタルヘルスの向上にもつながります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
夜眠れないという人はこの機会に自分自身の睡眠を振り返ってみてはいかがでしょうか。

☟関連記事

sleepmeister(スリープマイスター)の感度とは?状況に応じた感度の設定方法

2018.02.02

Sleep Meister(スリープマイスター)アラームの止め方と音楽の設定方法

2018.01.28

Sleep Meister(スリープマイスター)で寝言の設定や保存方法を徹底調査!寝言(いびき)の聞き方は?

2018.01.23

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA