Sleep Meister(スリープマイスター)で寝言の設定や保存方法を徹底調査!寝言(いびき)の聞き方は?

スポンサーリンク

皆さんはSleep Meister(スリープマイスター)という睡眠アプリをご存知でしょうか。

このアプリは数ある睡眠アプリの中でも、かなり作りこまれています。
ユーザビリティに優れており、使いやすくて詳細な睡眠のデータを把握する事ができる為オススメです。

今回は寝言機能の設定と使い方について調べてみました。

Sleep Meister(スリープマイスター)の寝言機能とは

Sleep Meister(スリープマイスター)には寝言を録音する機能が付随しており、自分の就寝時の寝言を全て集音してくれます。

今回は実際に私がこのSleep Meister(スリープマイスター)を使って寝言を録音してみましたのでどのような寝言だったのかご紹介させて頂きます。

寝言機能の設定方法

まずは寝言機能の設定方法を確認します。

1.下部に表示されているアラームタブを選択し、赤枠で囲われている部分をタップします。

2.赤枠で囲まれた録音をONにするだけでマイクの設定は完了です。マイクへの許可を求められた場合は許可してください。

寝言の保存方法

集音された寝言を保存する方法を紹介します。

1.下部に表示されている一番右の設定タブを選択し、下にスクロールします。データのエクスポートという項目があるので保存方法を選択してください。

2.今回はCSVファイルを選択しました。ここでは保存したい期間や区切り文字を選択してください。

3.あとは宛先に自分のメールアドレスを入力して完了です。これで保存されたCSVファイルが入手できます。

寝言を聞く方法

Sleep Meister(スリープマイスター)で録音した寝言の聞き方は簡単です。

スポンサーリンク

Sleep Meister(スリープマイスター)を開いて下部のグラフをタップすると、真ん中の一番右に寝言というタブがるので、こちらをタップしてください。
すると録音された寝言のデータがでてきますので聞きたい寝言のデータをタップすれば寝言を聞くことができます。

実際の寝言を調査!

これは1月17日に録音された私の寝言の一覧です。
6件の寝言データが取られていました!笑

赤い四角で囲まれている一番左の69という数字はSleep Meister(スリープマイスター)が私の寝言を感知した時間です。この場合だと69秒録音されていますね。
真ん中の5:43:32-5:44:41は録音された時間ですね。この場合だと午前5時43分32秒から午前5時44秒まで録音されたという意味です。

四角で囲まれたデータを実際に聴いてみます。

波形がうっすらと見えますが、これは音の大きさに反応しているようです。
聴いてみると「すゥーすゥー」と何の面白みもない寝息が聞こえました笑

寝言というよりも、音全てに反応するようですね。
他のデータも確認してみましたが、車の走る音や寝返りだけの音声など、音に関するもの全てが録音されていました。

面白み満載の寝言

この方はなかなか面白い寝言を言っているみたいですね笑

まとめ

自分の場合はあまり寝言を言わないので、全く面白くないのですが、普段から頻繁に寝言を言う人はこのSleep Meister(スリープマイスター)を使って自分の寝言を録音して聴いてみてはいかがでしょうか。

なかなか面白い発見があるかもしれません。

※このSleep Meister(スリープマイスター)はiosしか対応されていないようです・・・。

☟関連記事

sleepmeister(スリープマイスター)の感度とは?状況に応じた感度の設定方法

2018.02.02

Sleepmeister(スリープマイスター)の睡眠効率とは!?睡眠の質を改善する方法とは?

2018.02.01

Sleep Meister(スリープマイスター)アラームの止め方と音楽の設定方法

2018.01.28

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA