櫻井翔は病気でバセドウ病なのか?バセドウ病疑惑について徹底調査!

スポンサーリンク

櫻井翔は顔が変形している事が多々話題になっています。
2017年末の紅白歌合戦では目が腫れていましたね!

櫻井翔は顔に出ている症状からバセドウ病なのではないか?と言われています。
今回は桜井翔がバセドウ病なのかどうか徹底調査してみたいと思います!

バセドウ病とは?

そもそも櫻井翔の病気だと疑われているバセドウ病とはどのような病気なのでしょうか?
バセドウ病の特徴として、「心臓がバクバクする」「目が飛び出したように見える」といった症状が表れる病気の事をバセドウ病といいます。30代を中心に発症している病気です。

症状や原因は?

症状としては主に以下のようなものがあります。

  • 動機
  • 食欲増加
  • 甲状腺の腫れ
  • 眼球が出てくる

原因は未だ証明されていませんが、免疫システムに何らかの異常が発生し発症するのではないかと言われています。

櫻井翔の病気はバセドウ病だと言われる理由

櫻井翔はテレビに出演する度に視聴者から心配の声が上がっています。
主に、「目が腫れている」「むくんでいる」など心配の声が多く上がっています。

櫻井翔に起こった症状は以下のようなものです。

  • 目が腫れている
  • 目の下が膨らんでいる
  • 眼球が飛び出ている
  • 顔が太った
  • 顔がむくみすぎている

以上の事から櫻井翔にはバセドウ病の疑いがあるようです。

スポンサーリンク

また、顔の造形が整っている人に発症する事が多く、別名美人病と言われています。
これまで芸能人がバセドウ病を発症して有名なケースは、歌手の絢香やサッカー選手の本田圭佑もバセドウ病ではないのか?
と疑いの声が上がっています。
櫻井翔自身も整った顔をしている為、発症している可能性は十分にありえます。

Twitterの反応は?

うーん。
どうなんでしょうか。
Twitterでは心配の声が多く見られました。

まとめ

整形だの不摂生だの散々な声が挙がっていました。
一部ではお酒の飲み過ぎなど、不摂生ではないかと言われていましたが紅白では大分痩せた印象を持たれた方も多いと思います。

実際の所どうなのか分かりませんが、国民的なアイドルである櫻井翔が紅白のような国民にさらされる場面で顔を整形しているとは思えないので、何かしら体調が悪かったのかもしれませんね。

一方で、風評やデマなどの情報も溢れているのでネット上の情報をあまり信用しな

い方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA