漫画村のせいでまんがタウンが大迷惑?|運営は調子乗りすぎ

スポンサーリンク

人気の漫画作品を著者に無許可で配信していた海賊版サイトである漫画村に対して政府がアクセス遮断を認め現在アクセスができない状態となっています。

一方の漫画村は漫画タウンという名前に変えて今まで通りのサービスを提供しているようです。
漫画タウンのせいでまんがタウンが迷惑しているという話が話題になっています!

概要

政府は4月13日に3つの海賊版サイトに対してアクセス遮断するよう、インタアーネットプロバイダーに対して、アクセス遮断を実施する事を決定しました。

対象となったのは以下の3サイトです。

・漫画の海賊版サイト 漫画村
・アニメ・テレビ版の海賊版サイト AniTube
・アニメ・テレビ版の海賊版サイト MioMio
その他の類似サイトも対象

今回の事例は、児童ポルノ以外のサイトで政府がアクセス遮断を認めるのははじめてと言われており、政府は今回の対応について以下のようにコメントしています。

「数ある海賊版の中でも特にアクセス数や被害額が大きいと見られることから、刑法上の緊急避難を適用してサイトブロッキングしていいという方針となった」

漫画村が漫画タウンに名前を変えて復活

漫画村へのアクセスは遮断され、サイトを閲覧する事ができなくなりました。
これで事態は収束するかと思われましたが、漫画タウンという新たな漫画をただで読めるサイトが出現しました。

このように、いたちごっこが起きている中で、被害を被っている漫画雑誌がありました。
その漫画雑誌が「まんがタウン」である。

中には、まんがタウンが運営しているサイトを海賊版サイトと混合している人もいるようで、今回の事態についてまんがタウン発行元の双葉社は以下のようなコメントを発表しました。

海賊版サイトが同じ名前をつけてしまった為に、メディアが混合して取材の申し入れがくるというの迷惑な話ですよね。

漫画タウンのTwitterが調子に乗りすぎている

このような感じで漫画タウンの公式は世間を煽りまくります。

出来上がったコンテンツにお金を払う時代ではない

と言い放ちます。

確かに、我々も映画や音楽などなど無料で聞く手段はいくらでもあるわけですから、主張としては正しい事を言っている気はしますが、漫画村や漫画タウンは目立ちすぎてしまったんですね。。

ただ本来であればお金を払って対価を得るものに対して、無料で提供するというのは甚だおかしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA