紀州のドンファンは結婚相手に毒を盛られた!?

スポンサーリンク

紀州のドンファンと呼ばれた野崎幸助氏が亡くなったとのニュースが舞い込んできました!
今回は紀州のドンファンこと野崎幸助氏について調査すると同時に結婚相手が毒を持った疑惑について調査しました!

野崎幸助のプロフィール

名前:野崎幸助(のざき こうすけ)

生年月日:1941年

年齢:77歳

職業:金融・不動産関連会社社長

在住:和歌山県田辺市

野崎幸助は酒類の販売業や不動産業をはじめ、貸金業など複数の事業で成功を収めている資産家で、稼いだ財は全て「いい女を抱くため」だったそうです。

2016年に自身の女性関係や人生を著した本を著し、メディアに取り上げられ話題となっていました。

中学校卒業後に、コンドームの訪問販売や貸金業など手広くはじめて、ゼロから巨額の資産を築き上げました。

和歌山に住みながら週に1回のペースで東京の高級クラブへ趣き、デートクラブで相手をした女性に対して1回30万~50万円のチップを払っていたそうなんです。

そんな生活をしながら、生涯で築き上げた総資産は数十億円以上とも噂されており、高額納税者番付では常連となっていたそうなんです。

紀州のドンファンの美人妻は?

4000人以上の女性に30億円を貢いでいた事を公表していた野沢氏ですが奥さんはどんな人だったのでしょうか?

名前:S

年齢:22歳

職業:モデル

出身地:北海道

野沢より55歳も年下でモデルをやっている妻だそうです。
モザイクがかかっていても美人である事が分かります。

このSとは野沢が通っている東京の高級デートクラブで、出会いました。
Sはデートクラブに登録しており、水商売をやっていたそうです。

不審すぎる死

警察の発表によると、野沢さんの遺体から致死量を超える覚せい剤が検出され、不審死として捜査が進められているようです。

野沢の秘書を務める女性の話によるとつぎのように話しています。

「死因を含め、何も喋れません。もうちょっとしたらわかるから」

何やら意味深な発言ですね。

今回の死因はかなり不可解なもので、和歌山県田辺署も現在事件性の有無を確認していると、死因について明確な発言を控えています。

自殺の可能性はが低く、他殺で何者かに致死量を超える覚せい剤を盛られた事が真実の死因である可能性あります。

実際、近所の住民はつぎのようにコメントしています。

「24日の午後10時頃、自宅で倒れて救急車で搬送され、そのまま亡くなったらしいと聞きました。つい先日までピンピンしていたから驚きました。」

このような発言から健康体だった事が予想されます。

ちなみに野沢の自宅には38台のカメラがあるそうなので、もしかしたら何かしらの証拠が出てくるかもしれません。

遺産目当ての他殺か?

断定できませんが、Sは野沢と夫婦関係になってからわずか3か月半で起きた事件であり、同棲期間はわずか1か月半だったそうです。

結婚してからあまりにも早い死去との事で遺産目当てだったのではないかという噂があります。

遺産の相続先は?

資産家である紀州のドンファンですが、遺産分配はどのようになるのでしょうか。

野崎の4分の1が6人の兄弟です。それ以外は全てSに渡るそうです。

遺産の総額は50億と見積もられており、Sの手元に入るのは38億円あるそうです。

この遺産の目的で結婚をして、55歳も離れた旦那の相手をするのが邪魔になったのではないかと言われており、遺産目当てではないかと噂されているようなんですね。

これらの話はあくまでも噂話に過ぎないのですが、野崎の周りには実際にお金を狙っている人がたくさんいたそうなんです。

実際に過去モデルの女性から6000万円を騙し取られた事件も発生するなど色々と大変だったそうです。

死因はハッキリとしていない為、様々な憶測が生まれそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA