本田圭佑 顔の変化した驚きの理由とは?

スポンサーリンク

2018年W杯でも大きな活躍を見せる本田圭佑ですが、本田圭佑の顔の変化が大きな話題となっています!
今回は本田圭佑の顔が変化した理由を徹底調査してみました!

本田圭佑の顔の変化

W杯2戦目となるセネガル戦では1ゴールを得点し、持っている男として評価が爆上がりしています。
セネガル戦試合直後のインタビューでは、本田選手の顔の変化に驚きを隠せない人が続出しました。

上記はセネガル戦試合終了後にインタビューに応じている本田選手です。
次の試合への意気込みを語り、前向きな発言をしていた本田選手ですが、表情はとてもキツそうにしていました。

顔色は黒っぽくくすんでおり、目は大きくくぼんでいて頬がコケています。

明らかに不健康な状態ではなく、病気に近い顔色をしており心配している声が相次いでいました。
本田圭佑の表情は打って変わっており身体と精神を追い込まれ、心労が重なってしまったそうです。

上記の記事は以前インタビューしていた時の写真です。
この頃は顔色もよく健康だったようです。

本田圭佑の表情の変化

本田圭佑の若い頃の様子は以下のようなものです。

当時は健康的で普通の顔です。
一体本田圭佑に何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

とまあ色々な意見がありますね。

レーシック手術失敗が影響か?

本田圭佑は2012年6月にレーシック手術を受けています。

レーシック手術では視力は0.4から2.0に回復したそうです。

手術後はボールや顔がぼけて見えて、手術後はストレスを抱えていたそうです。

レーシック失敗と言われていますが、実際は成功しており現在ではしっかりと見えるようになったそうです。

目の変化はバセドウ病のせいなのか

バセドウ病とは、自分自身の体を攻撃する抗体を作ってしまう自己免疫疾患の一部で、甲状腺を以上に刺激する抗体が体内で生成され、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。

バセドウ病は肉体的症状の他、イライラしたり落ち着きがなくなる精神的な症状も表れ、日常的な生活を送る上でも支障が出るようになります。

バセドウ病の肉体的な症状として「眼球が飛び出す」という特徴があります。

これによって、本田圭佑の目が飛び出しているようになっている可能性があると言われています。

バセドウ病の完治する確率はそこまで高くありません。

バセドウ病の投薬治療を数年に渡って、受けている方もいますし外科手術を行っても再開する場合があるそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA