川島永嗣の語学の勉強法は?|7ヵ国語を操る天才

スポンサーリンク

ワールドカップ2018日本代表候補のGK川島永嗣は7ヵ国語を話せるそうです!
今回は川島永嗣の語学の勉強法を調査しました!

7ヵ国後を自在に操る川島永嗣

川島永嗣は以下の言語を話せると言われています。

英語/フランス語/オランダ語/ポルトガル語/イタリア語/スペイン語
以上の言語に日本語を足した7カ国語です!!

英語を喋れるだけでも凄いのに7ヵ国語も喋れるなんて凄すぎますよね!?
外資系エリートサラリーマンでもせいぜい3,4ヵ国後が限界でしょう!

そもそも川島永嗣は何でこんなに語学を操れるのでしょうか?

語学を勉強するようになったきっかけは?

語学を勉強するようになったきっかけはイタリアに留学の時に味わった孤独が原因だそうです。
現在海外で活躍する川島にとって語学は必須ですよね。

サッカーはチームスポーツなので選手同士の意思疎通は必須ですからね。。
コミュニケーションがとれなければ必然的に孤独になってしまいますよね。

川島が語学を習得するのは必要に迫られたからなのではないかと思います。

気になる語学の勉強法は?

驚くことに川島は独学で語学を学んでいるそうなんですね。

スポンサーリンク

映画を見て字幕を英語で鑑賞し、わからない単語を調べて検索したり、洋楽を聴いたり、インターネットやiphoneアプリであるRosetta Stoneというアプリを使ったりして勉強しているそうです。

また現地人に積極的に話しかけたりして努力していたそうです。

日本人で語学を勉強している人のほとんどは知識はあるけど、実際にしゃべれない人は多いですよね。
アウトプットをする事が何より大事ですね。

川島が実際に使って勉強しているiphoneアプリであるRosetta Stoneはインプットだけでなく実際に発音したりしてアウトプットできるので語学が話したいと思っている方にはおすすめのアプリですね。

川島は語学学習について以下のようにコメントしています。

語学の勉強はとにかく続ける事が大事

継続する事ができれば間違いなく上達しますけど、継続って一番難しいですよね。。

語学を継続する上で大事な事とは

川島は語学の勉強を楽しみながらやっていたそうですよ。

また人は追い詰められると潜在能力を発揮できると言われており、川島のようにゴールキーパーとして海外で活躍する為には、コミュニケーションが大事だと実感したのでしょう。

自分の中で、なぜやるのかという理由付けがきちんとできていれば何事でも継続する事ができると思います。

まとめ

川島がなぜ7カ国語を喋れるようになったかというと・・・

・継続して習慣化した
・語学そのものを楽しんだ

習慣化する為には毎日語学に触れる事が大事です。
そして、語学そのものを楽しみましょう!

継続する事さえできれば、得られるものは大きいはずです。

☟関連記事

川島永嗣と嫁のインスタが話題に!元ホステスで美人すぎる!!

2018.04.02

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA