飯島愛とアスカ(aska)の関係・死因はHIV?

スポンサーリンク

飯島愛は元セクシー女優から芸能界へと転身し、活動を広げる最中で2008年12月に他界しました。
大物女優として現役で活動していた彼女が突然他界した事は世間に大きなショックを与えました。

そんな飯島愛ですがASKAと関係があったとみられています。

今回は飯島愛とアスカとの関係性について徹底調査してみました。

飯島愛とアスカの関係とは?

飯島愛は元々、チャゲアスの大ファンだった事で知られています。

芸能界の大物である飯島愛とアスカがお互い知り合う事はそう難しくありませんでした。

飯島愛はチャゲアスのクリスマスコンサートに参戦し、そこからASKAと関係を持ったのではないかと噂されています。

あくまで噂の話ですが、薬を使って行為に及んだと言われており、アスカは薬を使う事に快感を覚えたのがこの時からだとも言われています。

ちなみに、当時の様子は盗撮されていたようで、内容を暴露した事が週刊文春によって報じられています。

アスカはこの当時撮影された動画が流出する事を恐れて、薬を大量に服用して薬物依存になったそうです。
また、飯島愛の運転手をASKAが雇ったという話もあり謎は深まるばかりです。

ちなみにデヴィ婦人は以下のように語っています。

スポンサーリンク

〈どの様な人達とお付き合いがあったのか皆目わかりませんが、映像や写真を撮られ、所持していた人達にゆすられ、恐喝され、つきまとわれ、公表の恐怖にさらされながら、生きた心地もなく、暮らしていた様です〉

生前の飯島愛と親交が深かったデヴィ婦人は飯島愛が上記のような精神状態であった事を自身のブログで綴っていました。

飯島愛のヤバすぎる死因は?

飯島愛は死因についても様々な憶測を呼び、謎が深まるばかりです。

ただ、引退するときに、以下のような体の不調が出ていたともコメントしています。

トマトジュースのような尿が出る
暴言のような耳鳴りが聞こえる

上記のような症状の時点で何らかの病気の症状である事は間違いありません。

ネット上では、「HIVなのではないか」という意見もあり、ますます混乱してしまいますね。

飯島愛の死因は肺炎という事になっていますが、HIVであるならば免疫力の低下から合併症を招くという可能性も考えられそうです。

まとめ

飯島愛が死去して10年が経ちましたが、いまだ謎が多めいており何も分かっていないといっても過言ではない状況です。

死因が不明確で隠されている以上、何らかの事情を抱えていた事は濃厚ですが、理由が公表される時は来るのでしょうか。

👇関連記事

飯島愛が引退した本当の理由とは?|芸能界の闇

2018.03.27

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA