ドローンに免許や資格は必要か。操縦士になる方法。

スポンサーリンク

ドローンに免許は必要なのか疑問に思われている方も多いと思います。
確かに操縦が難しそうなイメージがあるので、免許が必要なのかも、と思うのも当然ですよね。

ドローンに免許は必要なの?

結論・・・必要ありません!

ドローンを飛行する上での「免許」は日本に存在しません。
ドローンを買ったその日から誰でもドローンを飛行させ、操縦士になる事ができます。

一般的な運転免許の場合ですと、自動車学校などに通って免許センターで試験を受けて
合格すれば免許が交付され、運転ができます。
ドローンには免許は必要ないですし、そのような知識は一切不要です。

ドローンを飛行させるにはルールを守る事が重要

ドローンには日本の法律である航空法が大きく絡んでくるので、この航空法に基づくルールを順守する必要があります。
基準になるのは、ドローンの総重量が200g未満 or 200g以上。どちらを選ぶかによって航空法が適用されるかどうかが決まります。

200g未満は規制の対象外

このドローンは一般にトイドローン(おもちゃのドローン)と言われており、金額的には1万円前後で購入する事が可能です。
こちらは航空法の適用外です。

200g以上は規制の対象

こちらは本格的なドローンで、一般に業務用で幅広く使われています。
このドローンは航空法の対象になります。
以下のような厳しいルールが適用されます。

スポンサーリンク

・地上から150m以下の飛行
・日中に飛行
・操縦者から目視範囲内
・空港や重要施設から定められた距離離れる
・人口密集地でない場所
・無関係な人や施設から30m以上離れる

これに違反した場合、50万円以下の罰金が科せられますので、十分に気をつけましょう。

ドローン検定とは

ドローンを飛行するのに必要な免許はありませんが、民間団体が行っている
資格のようなものはあるようです。

ただ、この資格というのは法的に何か効力があるわけではありません。
このような資格がなくてもドローンを飛行させる操縦士デビューする事は可能です。

資格が必要になる場合

ドローンの操縦士になるには資格は必要ないと言いましたが、ある条件下を満たした場合に必要となる資格があります。

「FPV」使用時

ドローン搭載カメラの映像をコントローラー側で見ながら操縦する場合、カメラ映像を電波で受信します。
このカメラ映像を受信する技術を「FPV」といって、電波の周波数に2.4GHz帯が使われる事が多いのですが、なかには5.8GHz帯を使うものがあります。

この5.8GHz帯を使うには国家資格である「第4級アマチュア無線技士」の資格が必要です。
ただ、5.8GHz帯はほとんど使う事はないので、大多数の方は気にしなくても問題ありません。

まとめ

ドローンの操縦士になるために必要な免許はありません。
その為、ドローンを手にしたその瞬間から誰でも操縦士になる事ができます。
ただし、航空法をしっかりと順守し安全な飛行を行いましょう。
本格的なドローンを手に入れる前に、おもちゃのドローンで経験を積むのはありですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA