アヴィーチーは薬で自殺か?

スポンサーリンク

アヴィーチー(Avicii)が4月20日に死去したと代理人が発表し、世間は大騒ぎとなっています!
現時点で死因は分かっていませんが、自殺ではないかと言われています。今回はアヴィーチーの死因について調べてみました!

アヴィーチーのプロフィール

名前:ティム・バークリング
生年月日:1989年9月8日
職業:音楽プロデューサー(2016年にDJ引退)
出身地;スウェーデン・ストックホルム

幼い頃から音楽が好きで、様々な音楽を聴きます。
子供の頃から音楽家になりたかったという彼はピアノやギターなど様々な楽器を触ります。
ある日音楽制作ソフトのFLstudioに出会い、楽曲制作に夢中いなります。

IMAGE LINE SOFTWARE FL STUDIO 12 SIGNATURE BUNDLE 解説本PDFバンドル【p5】

スポンサーリンク

高校を卒業後は、自身の寝室で曲を書いて本格的な音楽活動をスタートします。
ブログを通じて自身の楽曲を発表していきます。

2013年に発表されたデビューアルバムであるTrueからリリースされた先行シングルであるWake me upは瞬く間に全英で1位を獲得しました。

英国の初日売り上げは何と88,000枚で2013年における最速売り上げとなりました。
2016年3月29日に自身のオフィシャルサイトとFacebookにて年内をもってDJ活動を引退する事を発表します。

アヴィーチーの死因は自殺?

Aviciiが28歳という若さで亡くなった事で世界は衝撃に包まれました。
アヴィーチーの代理人が発表した情報ですと、死因は明らかになっていません。

彼の死因については自殺と報じる所などもあるようです。
実際、ミュージシャンは自殺する人が圧倒的に多いですよね。

最近でいうと、リンキンパークのボーカルとして活動していたチェスター・ベニントンですね。
有名所だとニルヴァーナのカート・コバーンなんかもそうでしょうか。

アヴィーチーの死因を公表していないあたり、色々と勘ぐってしまうのは分からなくもないですよね

アヴィーチーが患っていた膵炎とは?

本当の死因は何だったのかきになりますよね。
アヴィーチーは元々、膵炎という病気を患っていました。

膵炎(すいえん)とは・・・膵臓に炎症が見られる事です。原因としてはアルコールの過剰摂取で発生する事が多いと言われています。

2016年にアヴィーチーは引退していますが、膵炎を治療し規則正しい生活をするために引退を選んだとも言われています。

なので病気が原因で死去したのでは?なんて噂も流れていますねー!

アヴィーチーは薬をやっていた?

薬をやっていたなんて噂もあるみたいです!
恐らくですが、DJという職業から薬をやっているというイメージから噂されているのでは?というのが私の見解です。実際に薬をやっているなどの証拠がない為、なんともいえませんね。

まとめ

アヴィーチーの死因について調べてみましたが、個人的な予想としては自殺なのではないかと思われます。
アヴィーチーは世界的に人気DJで寝る時間もないほど世界をまわってライブ活動をしていたそうなので、精神的にも肉体的にも病んでしまい、DJを引退した後も精神的に救われなかったのかなと・・・

死因を発表していない以上、ただの予想になりますが・・・
とにかくご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA